HOME > 出版物 > [雑誌] 月刊 「林業新知識」 > 「林業新知識 2019年12月号」

出版物

林業新知識 2019年12月号

雑誌月刊 「林業新知識」

林業新知識 2019年12月号

特別レポート「薪でみんなを温める。集落のエネルギー産業おこし」

著者 ---
定価 3,756(年間購読料/税・送料込)円
ISBN ---
体裁 B5判 24頁

この本を購入する

★雑誌のご注文は年間購読(最新号から一年間分)のみ、お受けしております。

バックナンバーはお取り扱いしておりませんので、どうかご了承下さい。

★デザイン一新、みなさまのご要望にお応えしまして、読みやすくなりました。

定価241 円(税込み)
年間購読料定価3,756円(税・送料込) 

専用のマガジンファイル好評販売中!
2年分(24冊)を穴を開けずに綴じられます。
詳細はこちらの商品ページより

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

主要目次

特別レポート...8

「薪でみんなを温める。集落のエネルギー産業おこし」
二ツ井宝の森林プロジェクト/梅内聚落(秋田県)

 全国に広がる「木の駅プロジェクト」の一つ、
二ツ井宝の森林(やま)プロジェクト(秋田県)では、
集落の森林整備を進めながら、C材や広葉樹材を薪とすることで、
道の駅や個人宅にエネルギーを供給しています。
木の駅をきっかけにして、集落にエネルギー産業を興した
取り組みのレポートです......

山を継ぐ...1

「「5年で成果」を出した。家族総出のシイタケ経営」
田中伸一さん・欣生さん一家(熊本県)

 山深いスギ林の中に、シイタケのホダ木が並んでいる。
ちょうど並び替えの時期であり、量はまだ少ないが、
これから、ずらりとホダ木が並ぶ。そう語るのが田中欣生さん。
ここが「集落の山林で一番の緩斜面」と教えてくれる欣生さんは、
昭和62年生まれと若い。姉二人に続いて生まれた、男子一人である......

川尻先生に聞く なるほど! 造林・育林の初級相談室...4

「苗木の形の違い 裸苗・ポット苗・チューブ苗・コンテナ苗」
文・川尻秀樹(岐阜県立森林文化アカデミー森林総合教育課長)

 今回からは「苗木」をテーマに何回かお話しさせていただきます。
私はこれまでみなさんに林業の範疇を飛び越えて、
いろんな樹種による森づくりを提案してきました。
そのため多くの方々から、どんな苗木があるのかとか、
どんな苗木がよいのか、どのように苗木を作るのかなど、
苗木についての疑問、質問が寄せられているので、
それに回答させていただきます......

お悩み相談室...17

「自木の活用方法は...」

 所有林の材を活用して山の暮らしを楽しんでいる
先輩方の話を参考にしたい......

林研コーナー 「みんなの人気者」...18

「出前講座の名物講師 愛称は「森のひびきさん」」
響 繁則さん(NPO法人もりふれ倶楽部/島根県)

こちら林業普及指導員です...20

わな捕獲と安価な簡易柵でシカ被害対策(群馬県)
需要先が求める材の規格を知る。造材研修を開催(愛知県)

読者コーナー...22
木材市況
全林協からのお知らせ...24
2019年主要目次

この本を購入する