HOME > 出版物 > 林業改良普及双書 > 「No.162 森林の境界確認と団地化」

出版物

No.162 森林の境界確認と団地化

林業改良普及双書

No.162 森林の境界確認と団地化

実践で得た手順、ノウハウが詳細に

著者 志賀和人 編著
定価 1,188円 (本体1,100円)
ISBN ISBN978-4-88138-215-8
体裁 新書判 216頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

*FAX・郵送でもお受けしております。こちらのお申込書(Excel)もご活用下さい。 

 今日、森林の境界確認と団地化は森林管理を進めてゆくうえで不可欠であり、ますますその重要性が高まっている。
 Ⅰ編では、地域森林管理の構築に向けた境界確認・団地化の意義を見出し、地域実態に即した将来展望を描いている。
 Ⅱ編の事例編では境界確認・団地化の手順、合意形成、人材活用などを、自らの体験をもとに具体的に詳述しており、ここで取り上げているのは宮崎、徳島、鳥取、三重、愛知、岐阜、岩手の7事例。

著者プロフィール

志賀和人 編著

志賀和人(しがかずひと)
筑波大学大学院生命環境科学研究科教授(森林資源社会学)
1953年千葉県流山市生まれ。東京教育大学農学部林学科卒業、博士(農学)。
全国森林組合連合会指導監査部次長を経て、現職に。
主な著書は『民有林の生産構造と森林組合』(1995)、『現代日本の森林管理問題』(2000)、『21世紀の地域森林管理』(2001)、『構造不況下の林業労働問題』(2005)。
江藤祐樹
宮崎県・南那珂森林組合企画課長補佐
西 正人
徳島県・美馬森林組合南部支所技師
杉本美春
三重県・松阪飯南森林組合総務部長 兼森林環境部長
高橋幸男
岩手県・釜石地方森林組合参事 兼事業課長
安江章吉
岐阜県・東白川村森林組合参事
北岡明彦
愛知県・豊田市森林課課長補佐
赤堀完治
鳥取県・智頭林業研究会会長

主要目次

Ⅰ編  境界確認・団地化と地域森林管理の再構築

1章 境界確認・団地化に取り組む意義  
  1 利用間伐の推進と団地化 
   2 日吉型団地化手法の普及と進化過程  
   3 事例編の取り組みと境界確認・団地化の意義

2章 森林境界の確認と森林資源情報  
   1 森林境界問題と森林資源情報  
   2 地籍調査と山村境界保全事業  

3章 境界確認・団地化の諸形態と展望  
  1 日吉型提案型施業と施業集約化施策の展開    
    2 団地組織・地域担当制と地域全体を見通した森林管理(東白川村森林組合) 
   3 自治体・森林組合・団地組織の連携による間伐推進(豊田市) 

4章  地域森林管理の再構築と団地化  
  1 森林管理と現場技術者の歴史的進化  
  2 団地化と現場技術者による森林経営の再構築 

Ⅱ編  ≪事例編≫境界確認と団地化に取り組む

1章 宮崎県・南那珂森林組合-境界管理班を設立しGIS・GPSも駆使
  1 なぜ森林情報の整備が重要か   
  2  南那珂森林組合とGIS・GPS  
  3 長期施業受託契約と山村境界保全事業  
  4 境界管理班の設立  
  5 農林中金森林再生基金と施業集約化モデル組合
  6 すべては境界、現況データから

2章 徳島県・美馬森林組合-「世話人さん方式」を中心に境界確認   
     1 美馬地域と美馬森林組合の現状  
     2 境界確認(団地化)を行う前に   
     3 境界設定(団地化)の実行  
   4 列状搬出間伐の実施と今後の課題

3章 三重県・松阪飯南森林組合-提案型集約化施業による団地化・境界確認
      1 森林の境界確認と団地化への背景  
      2 境界確認と団地化、その歩みと現状  
    3 境界確認と団地化の手順  
    4 課題と今後の展開

4章 岩手県・釜石地方森林組合-集約化施業の基盤としての境界確認活動
  1 釜石地方森林組合と森林の概況  
  2 釜石型「提案型集約化施業」の概況と実績
    3 境界確認活動に対する考え方と確認方法
  4  「施業は団地で、収益は個人で」を支える境界確認

5章 岐阜県・東白川村森林組合-地域全体を考えた団地組織と事業展開  
  1 東白川村の森林・林業と森林組合  
  2 森林施業計画と森林管理組織  
  3 森林管理方針と森林管理業務委託契約  
  4 素材生産から境界確認へ  
  5 地域全体を考えた現状の課題  
  6 地域割分担とリスク負担  
  7 今後の展望と人材育成 

6章 愛知県・豊田市-森づくり条例・構想・基本計画に基づく間伐推進と団地組織
  1 豊田市の人工林と森林整備の方向  
  2 豊田市の森づくりと間伐推進プロジェクト
  3 団地化にかかる施業界確定の事例  
  4 森づくりの今後の展開   

7章 鳥取県・智頭林業研究会-林研グループによる戦後造林地の団地化と低コスト林業
  1 遅れている基盤整備  
  2 林家の厚い信頼を得て取り組む  
     3 各地区での取り組み
  4 智頭林業の復権をかけて

 

関連おすすめ書籍

「森と暮らす№1 山林の資産管理術」 ご購入詳細 

「地域の新たな森林管理」ご購入詳細 

 「普及双書№137 21世紀の地域森林管理」ご購入詳細 

「普及双書№156 GISと地域の森林管理ご購入詳細

 「実践マニュアル 提案型集約化施業と経営」ご購入詳細

関連おすすめ書籍

この本を購入する