HOME > 出版物 > [単行本] 技術を伝える本 > 「ISA公認テキスト アーボリスト®必携 リギングの科学と実践」

出版物

ISA公認テキスト  アーボリスト®必携 リギングの科学と実践

単行本技術を伝える本

ISA公認テキスト アーボリスト®必携 リギングの科学と実践

世界基準のリギングテキスト
待望の日本語版登場!

著者 著者:ISA International Society of Arboriculture
   ピーター・ドンゼリ
   シャロン・リリー

訳:アーボリストRトレーニング研究所
  ジョン・ギャスライト
  川尻 秀樹
  髙橋 晃展
定価 5,400円 (本体5,000円)
ISBN 978-4-88138-361-2
体裁 B5判 184頁

価格はすべて税込みです。
税率の引き上げに応じて変更されます。

この本を購入する

【お詫びと訂正】
一部のチラシについて、価格(本体価格、定価)の表示に
誤りがございましたことを
お詫びいたします。

本体価格は5,000円、定価は5,400円(税込み)になります。
ご迷惑をおかけいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

 

【お詫びと訂正】
P.174「確認テスト 解答」に下記の通り誤りがございましたので、
訂正させていただくとともに深くお詫び申し上げます。

 ■3章 リギングノット
問3  誤)c
    正)d

 ■4章 枝下ろし基本編
問1  誤)a
    正)d

 

 ISAでは、数十年間にわたり数多くの科学的研究、現場実証を重ねてきました。本書はその実績をもとに、アーボリストが安全にリギングを行うために必要とされる重要な基礎技術および事故防止のためのベストプラクティス(一番良い方法)をまとめたものです。器材の選択と使用、結び、枝下ろしの基本的な方法から始まり、リギングの技術と方法を複合して重い材を除去する上級テクニックまで紹介しています。

 

【この本で学べる主な技術】

・リギング器材の安全率と限界使用荷重
・リギングノット
・バットタイ、チップタイ
・バランシング
・リディレクトリギング
・フィッシングポールテクニック
・メカニカルアドバンテージ
・ロードトランスファーとドリフトライン
・スパイダーリギング
・スピードライン
・ブロッキング(断幹)
・衝撃荷重の軽減方法

 

中のページを見てみる

※ 下記のサムネイル画像をクリックすると、ページが拡大して表示されます。

著者プロフィール

著者:ISA International Society of Arboriculture
   ピーター・ドンゼリ
   シャロン・リリー

訳:アーボリストRトレーニング研究所
  ジョン・ギャスライト
  川尻 秀樹
  髙橋 晃展


原著者 ISA (International Society Arboriculture)  ISAはアメリカ合衆国イリノイ州に本部があり、世界47カ国に3万人以上の会員と資格取得者を有する世界最大の樹木研究および実践団体です。樹木管理に関する専門的な研究・技術・教育・実践を通じて、作業者の安全確保と技術向上を目指すと同時に、樹木や森がもたらす恩恵を世界中のあらゆる人たちに広めることを目的に活動しています。
www.isa-arbor.com


訳者 アーボリストRトレーニング研究所(ATI/Arborist Training Institute)  ATI(所長:ジョン・ギャスライト)は、ISAが認める日本国内唯一のアーボリストトレーニング組織です。ISA認定国際資格ツリーワーカー/クライマースペシャリストや、ISA推奨、ATI認定資格取得を目指す方に向けた技術講習や認定試験を実施。また、樹上レスキューTARSセミナーに重点をおき、アーボリスト業界の労働災害事故防止への努力をしています。

主要目次

 第1章 序論 技術と方法

目的
リギングとは?
樹木と現場のインスペクション(事前調査)
プランニング(作業計画)
枝や幹を切って下ろす技術
手順
フローティングアンカー
切断方法
リギングの科学
まとめ
確認テスト 

第2章 器材とロープ

目的
はじめに
ブロックとプーリー
接続器具
ロープツール
フリクションデバイス
その他の器材
器材の設計と強度
ロープ
その他
まとめ
確認テスト 

第3章 リギングノット

目的
ロープの各部分の名称
ノット(結び)
まとめ
確認テスト 

第4章 枝下ろし 基本編

目的
はじめに
切って、投下する
切除対象物より上側にリギングポイントを設ける場合
ナチュラルクロッチ とフォルスクロッチ
ロープの選択
リギングポイントにブロックを設置する
材を結ぶためのノット(結び)
バットタイ(枝元結束)
チップタイ(枝先結束)
(控えロープ)の追加 Adding a Tagline タグライン
リギングにおける摩擦力の役割
ポータラップの設置
グランドワーカーの役割
静荷重と動荷重
まとめ
確認テスト 

第5章 枝下ろし 上級編

目的
はじめに
ベンドレシオ(曲がり率)
ブロック使用時のロープ角度
リギングポイントを切除する枝より上方にとる場合
リギングポイントを切除する枝より下方にとる場合
まとめ
確認テスト 

第6章 複合的なリギングテクニック

目的
はじめに
ロードトランスファー ライン
スピードライン
ノットレスリギングシステム
まとめ
確認テスト 

第7章 リギング作業における力の理解

目的
はじめに
リギングポイントが切除対象物より下にある場合
滑車を使う方法(基礎的)
受け口、ツル、追い口
高所作業車を使う場合の作業位置(ワークポジショニング)
ブロックと動荷重
リギングでかかる力(荷重)
エネルギー保存の概念
ダイナモメーター(動力計)による落下試験
ブロッキング(断幹)を行った時にかかる力の軽減
まとめ
確認テスト 

第8章 トップカットと重量のある材のリギング

目的
はじめに
リギングポイントが切除対象物より下にある場合
木の先端(梢)や幹を除去する場合のワークポジショニング(作業時の位置と姿勢)
断幹作業における位置エネルギー
ボアカット(突っ込み切り)の復習
バットヒッチング(ブロッキング)
マーリンヒッチとハーフヒッチ
材が落下する距離ブロッキングを用いたスピードライン
リギング時にかかる力の復習
まとめ
確認テスト 

--資料編--

用語集
樹木(生木丸太)の重量表

関連おすすめ書籍

この本を購入する